海外のネットショップから仕入れてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shopping-cart-402756_640

海外から商品を仕入れる場合、米Amazonだけから仕入れていたのでは、他のセラーと差をつけることは難しいです。何故ならライバル達もみんな血眼になって、米Amazonをリサーチしているからです。

複数のセラーで仕入れ商品がかぶってしまった場合、泥沼の価格競争に陥って、場合によっては赤字価格で販売することもあるかもしれません。

それを避けるためにお勧めしたいのが、独自の仕入れ先を持つことです。例えばメーカーや卸業者から直接仕入れるという方法がありますが、いきなりこれは難易度が高いかと思います。

なので、まずはAmazon以外の海外ネットショップから仕入れることを経験してみてください。これだけでもライバルはグンと減ります。

儲かるネットショップを探す方法

まずはいつも通り、セラーリサーチやキーワードリサーチ等で儲かりそうな商品を見つけてください。

いつもなら米Amazonやebayから仕入れていたところを、ここでは「Google Shopping」というサイトを使っていきます。

Google Shopping

このサイトでは、多くの海外ネットショップの価格を比較することができます。

検索窓に探したい商品の名前を入れてください。すると、その商品を扱っているショップと販売価格が表示されます。ショップの評価なども見ることができるので参考にしてください。

Amazonよりも安く仕入れられそうなネットショップが見つかったら仕入れてみましょう。

ほとんどのネットショップの仕組みはAmazonやebayと同じく、商品をカートに入れ、決済ページに進み、配送先住所と請求先住所を入力するといった流れになります。

ここで重要なのは、そのショップでPaypalが使えるかどうかです。

特に小さなショップの場合、Paypalが使えないのであれば仕入れをしない方が良いかもしれません。(この点については個々の判断はお任せします。)

ToysRUs(トイザらス)やkmartのような大きなショップなら問題ないでしょうが、そうでないなら、できる限りPaypalを通して決済したほうが良いです。

Amazon以外のネットショップから仕入れることは、他のセラーとの差別化を図る最も簡単かつ効果的な方法なので、ぜひ挑戦してみてください。

おすすめのツール

PriceBlink(プライスブリンク)
Google Chromeの拡張機能です。ダウンロードはこちら

このツールを導入すると、アメリカAmazonの商品ページ上部に黄色いバーが表示されます。

このバーの「Compare Prices」をクリックすると、Amazonの商品画面上で、他のネットショップとの価格差を確認することができます。

130

Paypalに対応しているかどうかも確認できるので、非常に便利です。

ただ、表示されるショップの数が少ないので、ちゃんと調べたい時はGoogle shopping等の商品検索エンジンで検索するようにしましょう。

⇒次は、クーポンサイトでお得に仕入れする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E-Book:輸入ビジネス完全ガイド

輸入ビジネスで思うように成果が上げられずに悩んでいませんか?成果を上げるためには、早い段階で正しいノウハウを取り入れて実践する必要があります。本マニュアルでは初心者の方でも安心して取り組めるように

・儲かる商品を探し出すリサーチの基本
・独自の仕入れ先を作ってライバルと差別化する方法
・安定的に利益を生み出す「仕組み」を作る方法


などなど、輸入ビジネスにおける極めて重要なノウハウを徹底的に解説していきます。ぜひあなたのビジネスのスタートにお役立てください。

さらに詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>