必ずやるべきセラーセントラルの設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
107

今回はセラーセントラルの設定をしていきます。設定する部分は、在庫管理画面と特定商取引法に基づく表示の二つです。

特に、特定商取引法に基づく表示の設定は、非常に重要ですので必ず行うようにしてください。

在庫管理画面の設定

セラーセントラルの在庫管理画面の上部にある「設定」をクリックしてください。

設定画面では在庫管理画面の表示を変更することができます。
100

まず「1ページ○○点の商品を表示する」の部分を250に変更してください。

次に、「列の表示」にある項目の中から、表示したいものを選んで「利用可能時に表示」に変更してください。

お好みで結構ですが、カートボックス価格と販売ランキングは変更することをお勧めします。

特定商取引法に基づく表示の設定

次に、特定商取引法に基づく表示の設定をしていきます。Amazonで大口出品者として販売するには、特定商取引法に基づく表示の義務があり、アカウントで設定することが求められます。

右上の「設定」から「情報・ポリシー」をクリックしてください。
101

「出品者に関する情報とポリシー」という画面が出てきますので、その中から「出品者情報」をクリックしてください。

ここに、以下の4つの情報を入力していきます。
(1) 氏名(代表者又は当該表示に責任を有する担当者の氏名)
(2) 名称
– 法人の場合は、登記されている名称
– 個人の出品者の場合は、商号・屋号
(但し、氏名とは別に商号等がある場合に限る)
(3) 主たる営業所の住所(番地およびビル名等も明記してください)
(4) 電話番号

入力しましたら「保存」をクリックして設定は完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E-Book:輸入ビジネス完全ガイド

輸入ビジネスで思うように成果が上げられずに悩んでいませんか?成果を上げるためには、早い段階で正しいノウハウを取り入れて実践する必要があります。本マニュアルでは初心者の方でも安心して取り組めるように

・儲かる商品を探し出すリサーチの基本
・独自の仕入れ先を作ってライバルと差別化する方法
・安定的に利益を生み出す「仕組み」を作る方法


などなど、輸入ビジネスにおける極めて重要なノウハウを徹底的に解説していきます。ぜひあなたのビジネスのスタートにお役立てください。

さらに詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>