ネクストエンジンで多店舗の運営を自動化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多店舗での販売を自動化できるツール「ネクストエンジン」をご紹介します。

アマゾン以外の販路で販売されている方なら、多店舗運営にかかる手間はご理解いただけると思います。

アマゾンFBAと違い、楽天市場やヤフーショッピングなどでは、商品が売れるたびにマルチチャネルから発送依頼の手続きをしなければなりません。

また、お客さんに送るメールだけでも、商品が売れたら注文確認メール
発送したらトラッキングナンバーと配送会社のURLを入力して発送連絡メール
と、1つの注文に対して少なくとも2通を送る必要があります。

そして大変なのが在庫の管理

アマゾンであれば、FBAの在庫がなくなれば自動的に出品が停止されますが、他の販路ではそうはいきません。

このブログを読んでいる方の多くは、マルチチャネルを使って発送を行っていると思います。
その場合、FBAで在庫切れのときに他モールで売れてしまうと、注文をキャンセルすることになってしまいます。

これは悪い評価が入る原因にもなるので、絶対に避けなければなりません。

そのためには毎日在庫数をチェックして、FBAの在庫が切れるたびに手動で他モールでも売り切れ状態にしていく必要があります。

自分の見ていない間に在庫が0になったらと思うと、安心して出かけることもできません。
また、商品数が多くなると、とても一人では管理できなくなってきます。

そこで役に立つのが、今回ご紹介するネクストエンジンです。
ネクストエンジンを導入すれば、こういった日々の雑務をすべて自動化することができます。

ネクストエンジンで可能になること

在庫調整

ネクストエンジンを使えば、複数の販路の在庫を一括で管理することができます。

アマゾンFBAとの連動には「シッピーノ」という追加アプリが必要ですが、導入すると以下のような仕組みが完成します。

next

FBAに納品されている在庫数が、ネクストエンジンで連動している全販路に10分ごとに反映されます。

FBAの在庫数が10個なら、連動している全販路で在庫数が10個に設定されます。
アマゾンで1個売れたら、連動している全販路で在庫が1個減ります。

FBAの在庫が0になったら、全販路で売り切れ状態にしてくれます。
FBAに在庫を入荷すれば、他の販路でも再出品されます。

これで手動で在庫数を調整する作業は不要になります。
売り切れの状態で注文が入ってしまうミスも防げます。

FBAマルチチャネルへの発送依頼

追加アプリ「シッピーノ」を導入することで、注文が入った商品を自動でマルチチャネルに出荷依頼できるようになります。

1日に何度もマルチチャネルに住所などをコピペして、手動で発送依頼をかけるのはすごい負担ですよね。
ネクストエンジンを使えば、24時間365日、自動で商品を発送依頼できるようになります。

お客様へのメール送信

注文が入ると、自動でお客様に注文確認メールが送信されます。
これも手動で送るのは結構手間ですよね。

商品がマルチチャネルから発送されたら、追跡番号が反映され、お客さんに発送連絡メールを送信してくれます。

そしてレビュー依頼などのフォローメールも自動で送ってくれます。

送信するメールの内容も、販路ごとに自由に設定することができます。
送る時間帯も「深夜には送らない」など、細かい設定が可能です。

まとめ

自動化できることは次の3点です。

・在庫調整
・マルチチャネル発送
・各種メール送信(受注メール、発送メール、フォローメール)

ネクストエンジンを使えば、複数の販路での販売を、アマゾンFBAのようにほぼ自動化できるようになります。

日々のルーチンが大幅に短縮されるので、より重要な作業に時間を割くことができるようになります。
今まで一人では不可能だった事業規模も達成可能になるでしょう。

ネクストエンジンの強み

ネクストエンジンのような在庫連動ツールは他にもありますが、他社ツールと比較したネクストエンジンの強みは、以下の3点だと思います。

現役ECサイト運営会社

これが一番の強みです。
ネクストエンジンの運営会社Hamee自体が、現役のネット物販企業です。

もともと自社で使っていたツールを一般提供している形なので、最新のネット物販事情がツールの仕組みにも反映されています。

ただのシステム屋が作ったツールとは一味違います。

導入シェアNO.1

「みんな使ってる」ってのはやっぱり安心ですよね。

運営会社のHameeは東証一部上場企業で、業績も非常に安定しています。
突然サービスが停止する心配もまずないでしょう。

今後はアメリカや中国でのリリースも計画しているようです。

FBAに対応している

在庫連動ができるツールはいろいろありますが、FBAに対応していないツールも多いです。
FBAに対応できないと、あまり使う意味がないですよね。

FBAを中心に使いたい方は、正直ネクストエンジンぐらいしか候補がなくなります。

ネクストエンジンの利用料

基本料金:月額10800円
FBAアプリ(シッピーノ):月額10000円

というわけで月額2万円ぐらいかかります。(あくまで僕が使っている方法です)
他にもいろいろな追加アプリがあるので、利用方法によってはもっとかかります。

決して安いツールではないですが、これ1つで従業員を1人雇うぐらいの仕事をしてくれます。
費用対効果は抜群に高いと思います。

本気で他店舗運営するなら必須のツールですので、まだ使っておられない方はぜひご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。