中国輸入ビジネスで稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
chrome-103695_640

ネット輸入ビジネスでは、欧米輸入と中国輸入の二つが主流となっています。このサイトでは欧米輸入を中心にお伝えしていますが、もし興味があるなら中国輸入にも参入してみましょう。

基本的な仕組みは欧米輸入とそれほど変わらないので、欧米輸入からビジネスを広げたい場合、中国輸入は良い選択肢です。

中国輸入ビジネスの特徴

中国輸入では主にタオバオやアリババというサイトから商品を買って、それを日本のAmazon、ヤフオクで販売していきます。

欧米輸入と基本的な流れが同じとはいえ、やはり中国輸入には欧米輸入にはない特徴がありますので、しっかり押さえておきましょう。

利益率が高い

利益率とは「利益 ÷ 売り値」のことです。3000円で売って利益が600円なら、利益率は20%となります。

欧米輸入だと利益率が10%~30%ぐらいの人がほとんどだと思いますが、中国輸入では30%~50%ぐらいは普通に出せます。そのため小資金からでも、しっかり稼ぐことが可能です。

ノーブランドの商品を扱う

欧米輸入の場合、ブランド商品やメーカー商品を仕入れることになります。

しかし中国輸入では主にノーブランドの商品を扱います。何故なら中国で売られているブランド品には偽物が非常に多いからです。なので中国輸入は安いノーブランド品を大量に仕入れて販売していく形になります。

不良品が多い

中国で仕入れをする場合、不良品があって当たり前だと思ってください。また、注文した商品と違うものが届く可能性も、欧米輸入よりは高くなります。

このあたりは、日本と中国の商売の感覚の違いなので、「そういうものなんだ」と割り切るようにしてください。

代表的な仕入れ先

タオバオ

タオバオ
中国最大のネット通販サイト。商品数はebayに続き世界第2位という超巨大市場です。中国輸入を始めたばかりの方は、ほとんどここから仕入れることになります。

アリババ

アリババ
個人向けではなく、業者向けの販売サイトです。値段はタオバオより安いですが、ある程度のまとまった数を購入する必要があります。

まずはタオバオで購入して、儲かりそうなら、アリババでまとめ買いするという流れがおススメです。

中国輸入のリサーチ方法

まずはAmazonで中国商品を扱っているセラーを探しましょう。

中国輸入ではコスプレグッズがわりと人気なので、検索窓に「コスプレ」と入力して検索すると、中国商品を扱っているセラーを簡単に見つけることができます。

あとは欧米輸入と同じように、ひたすら他のセラーの商品をリサーチしていきます。

モノレートなどで売れ行きをチェックし、よさそうな商品が見つかったら、商品名の一部をGoogle翻訳で中国語に翻訳して、タオバオなどで検索しましょう。
似たような商品がたくさん出てくると思いますので、そこからAmazonの商品画像と同じ商品を探し出してください。

ノンブランド商品の場合、型番や正式な商品名などがないので、同じ商品を見つけるのに少し手間取ると思います。上手く見つけられないときは、キーワードを増やすなどして絞り込んでいきましょう。

中国サイトのBaiduなどで、Amazonの商品画像を画像検索にかけるというりサーチ方法もあります。これも簡単な方法なので試してみてください。

代行業者を使おう

代行業者とは自分の代わりに商品を購入してくれて、複数の商品をまとめて日本に発送してくれる業者のことです。中国のショップは、決済システムなどの都合で、日本人が直接仕入れるには色々と難点があります。

また、中国語での取引となるため、トラブルが起きたときには泣き寝入りすることになりかねません。

なので代行業者を使って代わりに商品を購入してもらうようにしましょう。日本人が運営している代行業者もたくさんあるので、安心して利用できます。

代表的なものだとタオバオなびや、さくら代行などがありますが、その他にも数多くの代行業者があるため、どこがおススメとかは一概には言えません。

タオバオ通信というサイトで、主な代行業者の比較一覧を見ることができるので、送料や手数料、サービスなどを確認して、自分にマッチする業者を探していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E-Book:輸入ビジネス完全ガイド

輸入ビジネスで思うように成果が上げられずに悩んでいませんか?成果を上げるためには、早い段階で正しいノウハウを取り入れて実践する必要があります。本マニュアルでは初心者の方でも安心して取り組めるように

・儲かる商品を探し出すリサーチの基本
・独自の仕入れ先を作ってライバルと差別化する方法
・安定的に利益を生み出す「仕組み」を作る方法


などなど、輸入ビジネスにおける極めて重要なノウハウを徹底的に解説していきます。ぜひあなたのビジネスのスタートにお役立てください。

さらに詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>