ネットショップ開業・運営の基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
e-commerce-402822_640

ビジネスを始めたばかりのころは、ヤフオクやAmazonでの販売がメインになりますが、ある程度安定して稼げるようになったら、ネットショップの開業も視野に入れてみましょう。

複数の販路を持つことで、更に売り上げを伸ばせるだけでなく、リスクの分散にもなります。

Amazonは確かに優秀なプラットフォームですが、あくまで借り物の販路です。Amazonで販売する以上、その規約に縛られることは避けられませんし、規約の変更があれば一々それに合わせていく必要があります。

やはりビジネスを続けて行く以上、誰にも邪魔されることのない自分だけの城を持ちたいですよね。

ネットショップの開業の前に

ネットショップ開業の前にやっておくべきことをいくつか紹介します。

扱うジャンルを決めよう

ネットショップを作るなら、扱うの商品のジャンルを明確にしましょう。Amazonの場合は、価格差のある商品をひたすら出品すれば売れて行きましたが、ネットショップの場合、このような「何でも屋」は避けるべきです。

「何でも屋」だと、そのショップを訪れた人に何の店なのか判断してもらえません。ほとんどの人は、そんなよく分からない店を利用するぐらいなら、普通にAmazonで買い物するはずです。

それに、ネットショップが生きのこるためにはリピーターの存在が不可欠ですが、「何でも屋」だとリピーターを集めるのがとても難しいのです。ジャンルを特化させた専門店なら、そのジャンルに興味のあるお客様が何度も訪れてくれることもあります。

また、ジャンルを絞っておいた方が集客もはかどります。「何でも屋」だと漠然としていて、こちらから積極的にアプローチするのが難しいですが、専門ショップの場合は、特定のターゲットに向けてブログやSNSを利用した集客が可能になります。

メルマガを配信するときも、ターゲットが絞られる分、よりニーズに合った内容を配信することが可能になります。

ジャンルの決め方

商品ジャンルを考えるときは、以下の点に注目しましょう。

・最低限の需要のあるジャンル
・自分が興味の持てるジャンル
・ライバルが少ないジャンル
・リピーターが獲得しやすいジャンル
・知識のあるジャンル

全て当てはまる必要はありませんが、「最低限の需要のあるジャンル」というのは満たしておきましょう。ただし、超人気ブランドの商品を扱う必要はありません。そういう商品はライバルが多いので激戦区になりがちなので、我々のような個人が参入して生き残れることは少ないでしょう。

どちらかというと、ライバルの少ない「ニッチな商品」を狙った方が、安定して稼いでいきやすいです。小さな市場で良いので確実に需要のあるジャンルを選び、そのジャンルで日本一のショップを作ることを目指しましょう。

競合をチェック

自分の選んだジャンルに競合がいるか調べてください。

競合がいたら、そのショップの運営実績や価格、Googleの検索順などを調べ、そのショップの大体の強さを測っていきます。また、競合ショップの中身も閲覧し、価格やサービス、ショップのデザイン、その他の特徴を念入りに分析していきましょう。

その上で、勝てるのかどうか判断します。勝てないと思うならそのジャンルへの参入を諦めるか、切り口を変えるなどして対応していきます。何故お客様が、数あるショップの中からあなたのショップを選ぶ必要があるのか、その理由を明確にできるようにしましょう。

ネットショップ開業について

ネットショップを開業できるサービスはたくさんありますが、どれを使えばいいのかサッパリ分からないという人は、とりあえずカラーミーショップを使っておけば間違いありません。価格も安く、SEO的にもなかなか優れています。

一番安いスタンダードプランなら

初期費用 3240円
月額利用料 1332~1512円

で利用できます。当然、販売手数料などは掛かりません。Amazonの手数料と比べると、圧倒的に安いことがお分かり頂けると思います。

その他、ギガプラン(月額3240円)やデラックスプラン(月額7800円)などの上位プランも用意されています。

詳しくはこちら → カラーミーショップご利用料金

どのプランにするか迷うようなら、最初は一番安いスタンダードプランからはじめることをおすすめします。ディスク容量や1商品当たりの画像枚数などの違いはありますが、ネットショップとしての根本的な部分はどれも変わりません。

集客について

ネットショップ運営においてAmazon販売と一番違う点は、自分で集客をしなければならないということです。開店したばかりのネットショップは、そのままでは人が集まりません。

どれだけ良い商品を安く揃えても、人が集まらなければ売上にはつながりません。ここでは、集客するためには何をすれば良いのか紹介していきます。

SEO対策

検索エンジンからお客様を集めるための対策を、SEO対策と言います。

ユーザーはGoogleなどの検索エンジンに、知りたい情報のキーワードを入れて検索します。当然のことながら、検索結果の上位に表示されるサイトには人が集まりやすいです。

つまり、自分のネットショップの利用者が検索しそうなキーワードで上位表示させることで、そこから大量のアクセスが期待できるというわけです。

ではどうやってショップを上位表示させていくのか、主な対策は以下の2つです。

キーワードを組み込む

検索されるであろうキーワードを見極め、商品名や商品説明に適切に組み込んでいくことで、検索対象になる可能性を高めることができます。

特に商品説明は重要です。その商品の特徴や使い方、どんな所が優れているのかを自分自身の言葉で説明していきましょう。そうすることで、SEOだけでなく商品に対するお客様の関心も強めることもできます。

ただしSEOを意識し過ぎるあまり、意味のない文章で引き伸ばすようなことになると、お客様に不快感を与えることになりますので、必要な情報だけに絞るようにしましょう。

また商品説明だけでなく、記事コンテンツを作成していくのも非常に有効です。

商品数を増やす

商品点数を増やせば、それだけネットショップへの入口が増えていきます。また、誰も扱っていないようなニッチ商品を販売すれば、その商品名で検索したときに、あなたのネットショップが上位に表示されるはずです。

ブログやSNSで集客

例えば、あなたがダイエット用品の専門ショップを運営しているなら、ダイエットの情報を発信をするブログを作ってみましょう。そのブログで、自分のネットショップの顧客属性に合わせた情報を発信し続ければ、少しずつ情報に惹かれたファンが集まってきます。

そしてそのブログに、あなたの運営するネットショップのリンクを貼り、そこからアクセスを流していきます。

この手法は、TwitterなどのSNSでも使えますね。顧客属性に合わせた情報を定期的にツイートしてフォロワーを増やしていき、フォロワーをネットショップに誘導していきます。

例えばTwittrであれば、「ダイエット豆知識」、「ダイエットのやる気を引き出す名言」などをツイートするbotアカウントを作って、たまに自分のネットショップのリンクなどをツイートするように設定しておけば、自動集客システムが1つ完成します。

さらに大掛かりに集客するなら、Twitterアカウントを複数作って、自分でリツイート(拡散)するのも有効です。最近は自動リツイート設定できるツールもあるので、一度設定しておけばあとは勝手に集客してくれます。

PPC広告

PPC広告とはクリック型課金の広告のことです。YahooやGoogleで検索した時に上や横の方に表示されるやつのことですね。

asadf

例えば、「ナイキ」で検索すると上の図のように広告が表示されます。

YahooやGoogleに申し込めば、1クリック10円とか20円で広告を出すことができます。SEOが弱いショップでも、検索結果に目立たせることができるので、上手く活用すれば売上アップにつながります。

ちなみにYahooではプロモーション広告、Googleではアドワーズ広告と呼ばれています

プロモーション広告
アドワーズ広告

リピーターを確保するための施策

ネットショップの売り上げは、「新規客+リピーター」で成り立ちます。今までご紹介してきたのは新規客を増やす集客方法でしたので、次はリピーターを増やすための方法をご紹介していきます。

商品を買ってくれたお客様と、1度きりでお別れするのは非常にもったいないので、できるだけ多くのリピーターを確保できるよう働きかけましょう。

顧客満足度を高める

商品自体に満足していただくことが大前提ですが、価格や配送、商品画像、ショップの構成、使いやすさなども非常に重要です。お客様が気持ち良くお買い物できるような体制を整えておきましょう。

集客のときに話した「商品説明」がここでも生きてきます。魅力的な商品説明を用意しておけば、あなたのネットショップがお客様の記憶に残りやすくなり、リピーターになってくれる可能性がグンと上がります。

お礼メールの配信

リピータ-を確保するためには、あなたのネットショップをお客様に覚えてもらう必要があります。

買い物してくれたお客様には、必ずお礼のメールを送るようにしましょう。特に個人のネットショップは、Amazonや楽天と比べて店側とお客様との心理的距離が近いので、お礼メールは印象に残りやすいのです。

メルマガを発行する

お客様がリピーターになってくれない一番の理由は、あなたのネットショップを忘れてしまうことです。そうならないためにも、定期的にメールでお客様に連絡するようにしましょう。

新商品のお知らせをしたり、割引の情報を送ったり。

もちろんセールスばかりしていては嫌われてしまうので、もっとお客様の関心を集められるような面白い・もしくは役に立つ情報も発信していくようにしましょう。その方がファンになってもらえる確率は高まります。

まとめ

長々と書いてしまいましたが、一番重要なことはお客様を集めて、あなたのネットショップのファンになってもらうことです。そのためには、どういったジャンルで勝負していけば良いのか考えていきましょう。

この部分を「何となく」で決めてしまってはいけません。

「何となくこれがウケるんじゃないか」、「何となくこのジャンルでやってみたい」ではなく、そのジャンルの需要を調べ、競合を把握し、勝てると判断した上で取り組むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E-Book:輸入ビジネス完全ガイド

輸入ビジネスで思うように成果が上げられずに悩んでいませんか?成果を上げるためには、早い段階で正しいノウハウを取り入れて実践する必要があります。本マニュアルでは初心者の方でも安心して取り組めるように

・儲かる商品を探し出すリサーチの基本
・独自の仕入れ先を作ってライバルと差別化する方法
・安定的に利益を生み出す「仕組み」を作る方法


などなど、輸入ビジネスにおける極めて重要なノウハウを徹底的に解説していきます。ぜひあなたのビジネスのスタートにお役立てください。

さらに詳細はこちら

SNSでもご購読できます。