輸入ビジネスで押さえておくべき法律

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輸入ビジネスを行う上で重要になる法律をご紹介します。

知らず知らずのうちに法律に違反した行為してしまわないように、基本的なものぐらいは把握しておきましょう。

食品衛生法

6歳児未満を対象にしたおもちゃや、食品、食品に触れる食器、調理具、容器、包装、などは食品衛生法の対象になります。

個人利用目的なら問題ありませんが、販売するには厚生労働省へ食品等輸入届書を提出しなければなりません。

電気用品安全法

主にコンセントを使う電気製品を販売するときはPSEマークを取得しなければなりません。事故が起こった際に、損害賠償責任が発生する場合もあります。

電波法

Bluetooth機器やトランシーバー、携帯電話などを販売するには、技適マークを取得しなければなりません。取得にはかなりの費用がかかるので、仕入れるのはおすすめできません。

薬事法

薬、化粧品、医療機器などは薬事法の対象となる場合があります。販売するには、厚生労働大臣の承認・許可等が必要です。

毛皮、革製品

輸入する際にはワシントン条約に基づく輸出許可書が必要となる場合があります。

————————————————–

色々と手続きが面倒なので、これらの法律に関わる商品は扱わないという方がほとんどだと思います。ですが、手続きを済ませてこれらの商品を扱うことが出来るようになると、 ライバルがほとんどいないので、独占的に販売することが可能になります

商品によっては簡単な手続きで済ませられるものもあるので、興味のある方は調べてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す