Amazonのカートボックスとは?仕組みはどうなってるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
basket-295490_640

Amazonでは同じ商品を複数のセラーが販売していますが、トップページに表示されるセラーは1人だけです。

Amazonで買い物するとき、ほとんどの人はトップページ右側の「カートに入れる」をクリックします。

160

その場合、トップページに表示されているセラーの商品が購入されることになります。ほとんどの購入者は、Amazonにはたくさんのセラーがいることなど知らないので、いちいち他のセラーをチェックしたりはしません。

つまり、あなたのショップがトップページに表示されなければ、 商品はほとんど購入されないのです。

トップページにショップが表示されることを「カートボックスを取る」または「カートを取る」と言います。この、「カートボックスを取る」ことがAmazonで商品を売るために最も重要なことなのです。

カートボックスを取る方法

ではどうすればカートボックスを取ることができるのでしょうか。

残念ながら、カートボックスの仕組みについてあまり詳しいことは公開されておらず、「こうすれば取れる」という正確なデータは一切ありません。

ただ、今まで多くのセラー達が検証してきた結果、ある程度の法則は見えてきています。カートは1人のセラーがずっと取得しているというわけではありません。ある程度の条件を満たしているセラーの間で順番にまわっていきます。

ただ、平等に順番がまわってくるわけではなく、より良い条件を満たしているセラーのほうが、カートを取得できる時間が長くなるようです。条件は以下の通りです。

FBAを使う

発送方法には自己発送とFBAがありますが、ほとんどの場合はFBA出品者のほうが優先してカートを取れます。

価格

価格がFBAの最安値から大きく離れているとカートを取ることはできません。ただ、最安値でなくてもカートを取ることは可能です。私の経験上、最安値より3%ぐらい高くてもカートを取ることはできます。

複数のセラーが無理に最安値を追いかけ合うと、価格競争が起こって稼げなくなることもあるので、カートを取れる価格範囲を見極めて適切な価格設定を心がけましょう。

評価

高評価をたくさん集めているセラーのほうがカートを取りやすいです。

在庫の数

同じ商品でも、在庫の数が多いセラーのほうがカートを取りやすいです。

大口出品

出品形態には大口と小口がありますが、大口出品のほうがカートを取りやすいです。

注文不良率

「お客さんからの低評価」や「Amazonマーケットプレイス保証」「払い戻し」が申請された場合、その注文は「不良」とみなされます。不良率が高いと、カートボックスが取得しにくくなるようです。

おそらく他にも様々な要素があるかと思いますが、 特に重要なのは「FBAを使う」と「価格」です。

この二つだけは絶対に満たすようにしてください。これさえできていれば、ほとんどの場合はカートを取ることが可能です。正直、その他の条件はそれほど重要ではありません。

Amazon.co.jpが販売している場合

商品によっては、Amazon.co.jp自体が商品を販売していることがあります。

162

Amazonは完璧な評価を持っていると仮定した最強のセラーであり、これと対等にカートボックスをシェアすることはほぼ不可能です。Amazonに近いような高いパフォーマンスを持つセラーなら対抗できるでしょうが、ほとんどのセラーはAmazonと同価格で出品したとしてもカートを取ることはできないでしょう。

Amazonからカートボックスを奪うには、Amazonよりもかなり安い価格で出品する必要があります。価格を下げてもAmazonがそれに対抗して価格を下げてくることがあるので、基本的には、Amazoがカートを取っている商品は仕入れない方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E-Book:輸入ビジネス完全ガイド

輸入ビジネスで思うように成果が上げられずに悩んでいませんか?成果を上げるためには、早い段階で正しいノウハウを取り入れて実践する必要があります。本マニュアルでは初心者の方でも安心して取り組めるように

・儲かる商品を探し出すリサーチの基本
・独自の仕入れ先を作ってライバルと差別化する方法
・安定的に利益を生み出す「仕組み」を作る方法


などなど、輸入ビジネスにおける極めて重要なノウハウを徹底的に解説していきます。ぜひあなたのビジネスのスタートにお役立てください。

さらに詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>