Amazon出品用アカウント登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon-184064_640

Amazonに出品者として登録する方法を説明します。
下のリンクから登録画面に行くことができます。
⇒Amazon出品サービスへ

すると以下のような画面が出てきます。

13

「大口出品」か「小口出品」か決める

出品用アカウントには「大口出品」と「小口出品」の2種類があります。

大口出品では月4900円の月額手数料がかかります。小口出品には月額手数料はありませんが、商品が売れるたびに100円の販売手数料がかかります。

つまり、月に50個以上の商品を販売するなら、大口出品のほうがお得ということです。
月50個という数は、まじめに取り組んでいればラクラク超える数値です。

また、大口出品で申し込んだら月額手数料が3か月無料になるというキャンペーンも頻繁に行われていますが、小口出品で登録して後から大口出品に変更した場合は、このキャンペーンは受けられなくなります。

なので最初は大口出品で登録して、もし3か月の間に結果が出せそうになければ小口出品に変更するというやり方をおすすめします。

それに最初から大口出品で登録するほうが気合の入り方も違ってきます。「何が何でも50個以上売って元を取ってやろう」という心理が働きますからね。

また、小口出品では大口出品で使えるAmazonの便利な機能や、ビジネスレポート等を利用することができません。それに、販売価格にも上限があります。

小口出品のメリットは月額利用料を払わなくてよいということだけで、それ以外の要素は全て大口出品のほうが勝っています。

これらを踏まえた上で、どうしても小口出品で始めたいと言う方はそれでもOKです。後からいつでも大口出品に変更できるので心配しないでください。

どちらにするか決めたらさっそく登録作業に入りましょう。

出品サービスの登録方法

「大口出品」にする方は、「大口出品オンライン登録へ」をクリック、「小口出品」にする方は、「小口出品オンライン登録へ」をクリックしてください。

Amazonのアカウントを作るときに登録したメールアドレスとパスワードを入力し「次に進む」をクリックします。

登録方法に関しては全て日本語なので問題なく進められるかと思いますが、念のため、戸惑いそうなところだけ解説しておきます。

「正式名称」には、個人の方は自分の本名を入力します。個人事業主の方は税務署に届けている屋号、会社の場合は会社名を入力してください。

「電話による本人確認」では電話番号を入力し、かかって来た電話の案内に従って指示があったら暗証番号(PIN)を電話のプッシュキーで入力します。

「店舗名」はご自由に決めてください。後から何度でも変更できます。あまりおかしな店名や、店舗名に「Amazon」の文字が入るのはNGです。

一通り登録作業が終われば、あなたもネットショップのオーナーです!

以上で出品者登録の説明を終わります。お疲れさまでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E-Book:輸入ビジネス完全ガイド

輸入ビジネスで思うように成果が上げられずに悩んでいませんか?成果を上げるためには、早い段階で正しいノウハウを取り入れて実践する必要があります。本マニュアルでは初心者の方でも安心して取り組めるように

・儲かる商品を探し出すリサーチの基本
・独自の仕入れ先を作ってライバルと差別化する方法
・安定的に利益を生み出す「仕組み」を作る方法


などなど、輸入ビジネスにおける極めて重要なノウハウを徹底的に解説していきます。ぜひあなたのビジネスのスタートにお役立てください。

さらに詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>